切除は確実に消すことができ、また他の手術と比べ、術後の過ごし方、処置などが容易です。
その切除は、大きく3つに分けて考えていきます。

単純切除 一度に全てを切除していく方法で、もっともスタンダードな方法です。
皮膚に縫い寄せるための余裕があることが条件です。
分割切除 数回に分けて切除していきます。傷の長さを少しでも短く済ませたい、広範囲の刺青を切除のみで消したい方などに選ばれます。
皮弁形成術 一方向に縫い寄せるのではなく、周りの皮膚を横移動、回転移動など工夫して動かすことで、無理なく傷を覆うことを考えた方法です。移動させる皮膚のことを皮弁と呼んでいます。
男性の顔
同じ刺青(イレズミ)の切除も、工夫することで出来上がりの傷の形を変えることができます。そして、そのためのテクニックが多くありますが、これらはケースバイケースで使い分けていき、常にどれが優れているというものでもありません。
どうしたら傷が服に隠れるか、皮膚に余裕をもたせるにはどうしたら良いか、まさに形成外科医のセンスが問われる一瞬です。

 

単純切除(1回で切除縫縮)

背中や腰、胸などは広範囲にできますが、肘から下や膝から下などは縦長に取れますが、横向きには5cmほどがいいところです。また、腕については、あまりきつく縫ってしますと、血流が悪くなり、傷だけでなく腕自体のトラブルが起きないとも限りませんので、加減はしていきます。
また少しでも正常皮膚を残す様にデザインをすることで、寄せる幅を少なくし、より多くのイレズミを効率よく取っていきます。そのため、刺青(イレズミ)のデザインによって傷跡が直線であったり、ジグザグになったりしますが、いずれも仕上がりは線の傷になります。
単純切除1
単純切除1
【気になるポイント】
  • 施術時間はどのぐらい?・・・・名刺サイズ(約50cm2)で40分前後です。
  • お風呂は入れますか?・・翌日より傷を含めたシャワー浴が可能です。
  • 通院は必要なの?・・・・翌日と抜糸のための7~10日目に再診します。
  • 処置が必要なの?・・・・処置は基本的には必要ありません。翌日から防水テープを貼ります。テープは貼りっぱなしでシャワー浴をしてください。抜糸後は傷痕が広がらないようにテープ固定を2ヶ月ほど続けます。

 

分割切除(数回に分けて切除縫縮)

切除縫縮を一定期間あけて繰り返していく方法を分割切除と呼んでいます。一度で切除できない大きさの刺青(イレズミ)や、傷の長さを少しでも短くしたい場合などによい方法です。
傷が癒え、皮膚が伸びることで皮膚に余裕ができることで同じ部分を切除できるようになるため、余裕ができるまでの4~6ヶ月と十分な時間をあける必要があります。正常皮膚が伸びると同時に、実は刺青の入った皮膚も伸びていますので、半年後に見ると、残っていた刺青は思いのほか大きくなっていることがあります。そのため、切除回数を増やせばいつかは必ず取れるというものではありません。
当院では通常、2回の分割切除で取れることを想定した手術としています。この時のポイントは、2回目になるべく効率よく切除できるように考えて、1回目の切除範囲を決めることです。
例えば、縫合後の残った刺青(イレズミ)がなるべく近くに集まるようにして、次回の切除が容易になるようにします。さらに、皮膚に余裕を持たせて縫うと傷がきれいに仕上がるため、最初はきつく引っ張るように縫い合わせます。傷跡の出来が少々悪くても、次回の切除では、傷跡は全て切り取った上で皮膚を余裕を持って縫えるため、傷が比較的キレイになるという整容面も考慮した治療計画としていきます。

分割切除は、比較的傷の向きや形を自由にできますので、可能な限り患者様のメリットになるような傷になるように考えていきます。

分割切除1
分割切除1

同一方向に段階的に切除縫縮する場合は最終的に1本の傷になります。
  • 服に隠れるような傷にする
  • リストカットのように見えないように工夫するといった整容面を考慮した傷跡にする
  • 手術の跡や怪我を負った後の治療後のような傷跡にする

分割切除に限ったことではありませんが、術後の傷跡の見え方というのは非常に重視しています。
 

刺青(イレズミ)のデザインによっては縫い縮める方向をかえることで、ムリなく切除できる場合があります。
皮膚は伸ばされることで血流が一時的に乏しくなりますので、この状況で違う方向にさらに縫い縮めると、皮膚壊死というトラブルを招く恐れがあります。
そのため、分けて切除することで皮膚壊死、傷の離開といったトラブルを予防していきます。
最終的な傷跡はデザインによってかわってきます。
分割切除2
分割切除2

2回に分けて切除することで、無理なく全切除
【気になるポイント】
  • 施術時間はどのぐらい?・・・・名刺サイズ(約50cm2)で40分前後です。
  • お風呂は入れますか?・・翌日よりシャワーは可能です。入浴は抜糸翌日から可能です。
  • 通院は必要なの?・・・・翌日の経過観察と抜糸日の2回通院が必要です。
  • 処置が必要なの?・・・・お渡しする軟膏をシャワー後などに抜糸の日まで塗るようにしてください。抜糸後は傷痕が広がらないようにテープ固定を2ヶ月ほど続けてください。
女性の顔
1回で切り取ろうと思うと大きな傷になりそうだけど、分割切除なら傷の大きさが小さくすみそうだわ。でも、毎回面積を測り直していると料金を2重取りされているみたいで、イヤなんですけど、ホントのところどうなんですか?
男性の顔
単純切除では、面積を計算式にあてはめ、そこで計算された費用のみです。分割切除は最初の単純切除で計算された費用を1.2倍したものだけで、これ以外の追加料金は発生しませんので、ご安心ください。
また、実際にはきれいに仕上げるためここで測った面積の1.5〜3倍の面積を切り取りますが、費用計算に利用する面積はあくまでも最小切除範囲という便宜上の面積を採用しているため、どんな切除デザインを医師が考えても費用には影響しません。

 

皮弁形成術(皮膚を移動して傷を覆う)

皮膚と皮下組織(脂肪や筋肉)を剥がすようにめくっていくのですが、その一部を切り離さないことで皮膚への血流が保たれれば、この皮膚はそのままでも生きながらえます。この皮膚を皮弁(フラップ)と呼んでいます。皮膚の足りない所に隣り合ったこの皮弁を移動させることで傷を覆うことを、皮弁形成術と呼んでいます。

単純切除2
単純切除2

単純切除  傷が長い
単純切除3
単純切除3

皮弁形成術  傷が短い

 

不整形の刺青のデザインを、なるべく正常な皮膚は残すようにとり、最終的にはジグザグな傷跡にしていきます。これをW形成術と呼んでいます。より皮膚に負担なく切除でき、張力の分散効果で傷跡が比較的キレイに仕上がります。

腕や太ももといった丸みがあり、比較的脂肪のある場所では、傷跡がボンレスハムのような不自然なくびれを呈することがありますので、このようなリスクのある時は、最初から皮弁形成術(Z形成術)を加えることで予防していきます。

単純切除4
単純切除4

傷の延長効果と張力の分散で、自然な丸みを再現
【気になるポイント】
  • 施術時間はどのぐらい?・・・・名刺サイズ(約50cm2)で40分前後です。
  • お風呂は入れますか?・・翌日よりシャワーは可能です。入浴は抜糸翌日から可能です。
  • 通院は必要なの?・・・・抜糸を行うため、7~10日目に一度通院する必要があります。
  • 処置が必要なの?・・・・お渡しする軟膏をシャワー後などに抜糸の日まで塗るようにしてください。抜糸後は傷痕が広がらないようにテープ固定を2ヶ月ほど続けてください。
女性の顔
単純切除って正常な皮膚もいっぱい切り取るイメージだったけど、面積の測り方は刺青(イレズミ)の部分だけでいいんですね。
よくわかんないけどなんだか得した気分。
男性の顔
実際にはきれいに仕上げるためここで測った面積の1.5〜2倍の面積を切り取りますが、費用計算に利用する面積はあくまでも最小切除範囲という便宜上の面積を採用しているため、どんな切除デザインを医師が考えても費用には影響しません。

 

初めての方へ
あざみ野駅前形成外科
あざみ野駅前形成外科の姉妹クリニック センター南形成外科皮フ科

 

2つのクリニックで同じ治療が受けられ、治療中に2院を行き来することも可能です。
無料カウンセリング実施中 まずはご予約を。
2つのクリニックで同じ治療が受けられ、
治療中に2院を行き来することも可能です。
無料カウンセリング実施中 まずはご予約を。
あざみ野駅前形成外科
形成外科 皮膚科
美容外科 美容皮膚科
あざみ野駅前形成外科 週間予定 △:お電話、カウンセリングのみ承ります。
あざみ野駅前形成外科フリーダイヤルナンバーあざみ野駅前形成外科 お問い合わせはこちら
〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-2-6
第2黒沼ビル2F B

あざみ野駅前形成外科 簡易map
※クリックで拡大します。
センター南形成外科皮フ科
形成外科 皮膚科
美容外科 美容皮膚科
センター南形成外科皮フ科 週間予定
センター南形成外科皮フ科ナンバーセンター南形成外科皮フ科 お問い合わせはこちら
〒224-0032
横浜市都筑区茅ヶ崎中央17−22
プルミエールセンター南205

センター南形成外科皮フ科 簡易map
※クリックで拡大します。